もち子のブログ

お金と旅行がすき。福井でのんびり→バンコクで社畜→北海道で専業主婦。思いつきの記事ばっか。

女一人でタイのローカル美容室行ったら意外と良かった話

はろー!羽二重もち子です。

 

f:id:habutaemochiko:20190330194257p:image

 ※ローカル美容院にて不安げなもち子さんの図。

 

髪が伸びてきました。

 

もう半年も切っていません。

 

前髪だけ自前で切っていましたがそろそろ限界です。

 

いや違くて。節約とか貧乏性とかじゃなくて。これには理由があって。

 

先月予約した日系美容院がまさかの労働法違反で摘発され、施術できなかったんですよ。

予約した時間に行ったのに閉店で、おかしいな休みか・・・まあタイだし(これで納得するのもどうかと)と思っていたら後日摘発されてオーナーは強制帰国と噂で聞きました。

タイは雇用を守るために外国人は美容院などでは就業できなくて(経営はOK)、もし急に監査員が入ってきて、日本人オーナーが髪を切っていたらアウトなんですね。

もちろん皆暗黙の了解でやってるんだけど、美容院界の派閥でハジかれたから内部告発されちゃったんだろうなと専らの話題。良い美容院だったのに・・・。タイ怖い。

 

まあその後日系美容院に何軒か当たってみたものの、どこもいつも満員。「今からやって欲しいんですけど・・・」とか電話しようものならめちゃくちゃ迷惑がられる。髪切るのなんかそもそも気分でしょって思うんですけど。そんな邪見にしなくてもよくない?!ってタイ人に言ったら「えっ日本は美容室行くのに予約するの?タイはウォークインでもマイペンライ(大丈夫)だよ」って。確かに。予約文化って日本独特なんだろうなあ。そもそも予約というお互いの信用だけで成り立つシステムすごいな・・・。何も罰則なくてもお互いちゃんと時間になったら行くし用意する、という前提が成立する日本ってかなり特殊・・・。ほんと良い国だな~窮屈だけど。

 

と母国に想いを馳せて早数か月。

 

はい、髪の話です。いい加減そろそろ切らないといけない。

 

 日系美容院にリベンジしようと思ったけれど、そもそも高い。日本と同じかそれ以上の値段。

パーマやカラーなら迷いなく日系一択なんだろうけど、私はただ切るだけで。

ちょっと整えてほしいだけで。

何なら今の髪型でも全然いいわけで。

 

全然切るモチベーション上がらないなぁ~と思って屋台でズルズル麺食べてたら見つけました。

 

ローカルの美容院を。

 

なんとシャンプー込カットで200バーツ(700円程度)。

 

 

 これだ。

 

 

先輩や彼氏がタイに来てカットしてどことなくタイ感漂うヘアスタルになっているのを見てはいますが、それはメンズの話。

 

なぜか剃り込みラインを入れられたとか突然バリカンで下半分を全剃りされたとかワックスを塗るだけの謎のセット代にプラス数百バーツやられたとか色々聞いてはいますが、それはメンズの話。

 

いたいけなガールにいきなりバリカンは使わないでしょう。大丈夫。

 

観察してると割とオシャレなタイ人女子も入店しているのでたぶん大丈夫。うん大丈夫。

自分に言い聞かせて勇気を持っていざ入店!

 

「ハロー。カットプリーズ!」

 

「OKOK。シャンプー、ゴー。」

 

展開早くない?

 

まだカットしか言ってないけど。

 

このスタイルにしてとか事前情報いらない?大丈夫?

 

入店1秒で不安を覚えるも言われるがままにシャンプー台へ。

 

この時点で店の内装が若干古いことに気付く。美容院ってか理髪店。椅子と床が年季入りまくってる。

 

歴史あるお店なんですね!(ポジティブに)

 

なぜかびしょ濡れのシャンプーの椅子に座れと言われる。座れねーよ。

笑顔で雑巾を投げられ「拭いて!」と言われる。いいでしょう!(笑顔で)

 

椅子の水滴をふき取りシャンプーへ。

 

すすいで洗って・・・柔らかめの力が気持ちいい。しかし時々すごく爪を立ててくる。しかもネイルが鋭利。痛い。またすすいで洗って・・・顔にすごい水掛かる。もはや爪を立てて頭皮を洗うスタイル。あれ、爪を立てないでって日本では言われてたけど・・・文化の違いかな・・・そしてまたすすいで洗っ・・・何回やるの?

結局5回くらい洗われました。トリートメント(?)付き。ちなみに耳もすごく洗われました。泡で耳が閉ざされ水も思いっきりかけられたので中耳炎を心配しましたが不思議と耳の中は乾いたままでした。アメイジングタイランド

 

扉をくぐってからここまで5~10分。良いペースです!次はいよいよカット!

 

髪を指で挟まれ「カット?」と聞かれる。

 

「カット ニッノーイ(ちょっとだけ)」と挟まれている指の位置を少し下げる。

 

「OK! チョキッ(ハサミを真横に入れる音)」

 

ねえだから展開早くない?

  

一応見本の写真とか持ってきたんだけど!ねえ!

 

心の中でツッコんでいる間にジャキジャキとハサミを入れていくお姉さん。

 

左半分を切ったところで、隣にいるお姉さんに声を掛ける。

 

えっこのタイミングで選手交代・・・!?

 

別のお姉さんが右半分へジャキジャキとハサミをいれる。みんな思い切りよすぎない?本人に確認なくて大丈夫?いや私はいいんだけど!

 

そして前髪を拾ってがっつりハサミを当てながら「カット?」。

 

増大する不安に前髪だけは自分でやろうと思っていたけど、人間は不思議なものでこれからの行動を相手に先にされるとああ前髪カットされるんだな私はだってもう前髪カットされる体制に入ってるもんな、デキる営業マンがよくやるもうこれは買う以外の選択肢がないですよというフェーズに自然と持っていくような流れだったので断る気力もなく「カット ニッノーイ」再び。

 

「OK!」と相変わらず勢いよく真横に入るハサミ。You Tuberスタイリストが前髪はいきなり真横に入れちゃダメって言ってたけどな・・・一度もタテにハサミが入ることはなく終了。これ私が自分で切っても結果同じだったんじゃ・・・と若干の疲労感を覚えながらブローへ。

 

んん?

 

 

可愛いぞ???

 

f:id:habutaemochiko:20190330194335p:image

(店員さんと若干お揃いの髪型になった) 

(後ろに乱雑に置かれた食い散らかしの残骸が気にならないくらい可愛い店員さんだった)

 

仕上がりバッチリ、入店からここまで20分弱、これは効率的!だって日本ってもっとこう待たされる時間とか・・・ねえ!?全く期待していなかっただけに大きな喜び!

 

しかも追加で変なオプションもなく、キッカリ200バーツ!

 

これはいいぞ!?

 

タイローカルの美容室事情は今まで良い話を一切聞かなかっただけに、これは大きな喜びでした。

 

タイの美容室に入店するときは、客層と店員さんを見て自分のスタイルと合うかチェックしてみてね!(自分のなりたい髪型と同じ店員さんがいるとベスト)

 

お値段以上の満足感があるよ!

 

f:id:habutaemochiko:20190330194415p:image

 

追記: 背中の中に髪の毛が大量に入ってとても痒かったです。