読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダサカワ福井

ダサ可愛い福井県の魅力発見中。

田舎は絶好のIoT実験場【地方創生】

いんたーねっとおぶしんぐす。

って打とうとしたら、いんたーねっとおばさんって予測変換しちゃう出来の悪いiPhoneかわいい。

 

AI、IT、IoT、ICT、最近はなんだか増えすぎてなにこれ顔文字?って感じですけど、要は人工知能ビッグデータを生かして生活や仕事の効率を良くしましょうってコトです。

 

特に最近よく聞くのはIoT。

 

上の説明でほぼいいんじゃないかと思うんですが、もっとちゃんと知りたいって方は下の記事読んでください。(投げた)

https://www.google.co.jp/amp/toyokeizai.net/articles/amp/113807 

 

今回はIoTがローカルにコミットすることで巻き起こるイノベーション、つまりIoT×地方創生の話です。

 

インテル、GEヘルスケア・ジャパン、NEC、クックパッド関連会社等々、名だたるIT企業と市が連携して携帯端末を使った市民のヘルスケアや地元スーパーで顔認証を使って買い物を楽にしたり、タクシー代わりの小型電動バスとか、実証事業を行っている町、があってですね。

とにかく読んで!

 

 http://newswitch.jp/p/8264

 

市民の健康づくりを支援する実証事業として、市民にスマートウオッチなど携帯端末を身につけてもらい、脈拍や食事、睡眠などの健康に関わる情報を収集。企業はそのビッグデータを解析し、健康増進につながるサービスを開発する。

 

元々は高齢化に伴う医療費の増加で、市の負担を減らすこと、が目的なんだとか。でもこういう取組みを市が先陣切って行ってるなら、IT関係の雇用とか起業を目指す若者とか入ってきそうですよね。

 

町を巻き込んだ実証実験はやってみたい。だけど都市圏じゃインフラに手を出すのは難しい。でも人への影響がさほどない田舎なら、やりたい放題なんですよね。

 

しかもこれ、会津若松市がを活用した地方創生に目を向けたのは2012年。震災の後。早い。まだIoTだのICTだの、全く話題になってなかった、しかも景気が落ち込んでてお金にならない事業なんか意味ない、そんな時代に先駆けて取り組んでたってのが、すごい。

 

こういう話を聞くと、「ピンチは、チャンスだ。」という言葉は本当なんだなーと思います。ものすごく悪い状況ということはものすごく良くする機会でもある、ということで、福井県もがんばりましょう。えいえいおー!

 

東北から福井へ移住しよう

東日本大震災から早6年。

早、と思うのは特に被害もなかった、東北の人と関わる機会も少なかったこちら側の意見。

あの地震で人生が大きく変わった人は、今もまだ当時の中にいて、ちっとも早6年じゃなくて、いつこれが過去になって本当の意味で忘れることができるんだろう、って、早くて遅いんだろうなあ、3.11。

 

2012年くらい、まだ大学生だった頃、富山の東電の社員さんとお話したことがあります。

震災で東京から北陸に異動になって、慣れない土地で色々大変なんですけど、もっと大変なことになっている方が大勢いるんです、富山に引っ越した人もいるんです、だからこの地で私も頑張らなきゃ、と。

 

すごいなあ、知らない土地で、知らない人と、生活していくのってどんな気持ちだろうと当時の私には衝撃でした。

 

さて、ここでいつもの。

 

福井県民として思うんですけど。

 

東北から福井へ移住した方っているんでしょうか。

 

親戚のツテを頼って、っていうのはあると思うんだけど、県が大々的に受け入れようとか、そういう施策ってなかったのかな。

 

だって、漁業も農業も製造業もあって、雪が降る気候も、景色も、言葉遣いも、良くも悪くも田舎っぽい県民性もまあ似てるし、全く環境の違う都市圏に行くよりは暮らしやすいんじゃないかなーと。

 

特に子どもの場合、都会へ移住すると言葉遣いでいじめられたり、それこそ風評被害でだいぶ酷い目にあった子もいると思うけど、福井って元々言葉遣いというか方言おかしいし(褒めてます)、いじめ自体もあまり聞かない(良くも悪くも「いい子」「いい親」であろうとする人たちが多い)(田舎だから反道徳的なことするとすぐ噂が広まる)(ので皆大人しい)んですよね(褒めてます)。

 

子どもの遊ぶところもいっぱいあるし、土地も食べ物も安いし、子連れや孫連れのファミリーには、悪くない選択肢かなって思う。

 

実は、岡山県がこの移住系の事業に結構力を入れてたみたいですね。

http://ameblo.jp/okayama-momotaroh/entry-11274182806.html

https://matome.naver.jp/m/odai/2141408113797917801?page=4

 

うーん、すごい。

 

ちなみに、岡山県が移住先に選ばれる理由は原発がないというのが理由の一つなんだそうな。

 

福井も早く、原発止めて、移住者を増やすU・Iターン施策を考える方がよっぽど今後の県のためになると思うんですけど。

移住してくる人、移住先の人、どちらにとっても幸せな県にして欲しいもんです、ね!

リアルどうぶつの森!気ままなスローライフを日本で

こんにちは、初代からどうぶつの森ファンのもちこ子です。

 

どうぶつの森、皆さんご存知ですか?友達のいない人間にとって新たな居場所を提供してくれる素晴らしいゲーム、知らない人のためにご紹介します。

※大体間違ってます

 

とびだせ どうぶつの森

とびだせ どうぶつの森

 

 

 

このゲーム内で、主人公は果物を育てたり魚釣りをしたり虫を取ったり、いわゆるニート、いや、スローライフを満喫しながら森の動物たちとコミュニケーションをとり、のんびりと生活します。ああ素晴らしき新世界。

 

でも現代社会にこんな生活ねーよと思ったら、なんとありました。限りなくどうぶつの森に近い暮らしを楽しめる、その名もふるさと回帰支援センター。

http://www.furusatokaiki.net

 

一言で言うと、各都道府県の素敵な田舎へ若者にUターンしてもらいましょうという団体です。いいね!

移住するための職業探しのお手伝いやお試しで数日から住んでみることができる企画等、なかなか充実したコンテンツ。

都会暮らしに疲れた友人がこれでUターンしたとのことで、なるほど都会は色んなツールがあるべなあ。

福井は何かやってるかなー

 

 

…?

 

 

北陸地区で見ると、石川や富山はわんさか出て来るんですが、福井、…少ないよ、福井…。

 

富山なんてめっちゃシャレオツな企画やってるんですよ。とやま移住旅行。

http://welcome-kitekite.jp

あああ完全に負けてます。福井…あれー?福井…。

 

こういうところの広報力の強化ってかなり重要だと思うんですけど、あんま力入れてないんですかね。

有名な講師を呼ぶなり優秀な企業の広報担当を呼ぶなり、もっと頑張って欲しいですね。ね!

ジムに行く時間もない社畜の貴方に。社内でできる筋トレ法

こんばんは、先日忘年会で突如「ドキッ☆女だけの腹筋大会★」が始まった際に、一回も腹筋できないことが判明したもち子です。

 

アレーおっかしいな〜学生の時はまだかろうじて10回はできたのに…

反動をつけずにゆっくり腹筋しようとするとね、もう無理。自力では無理。いくら力入れても上に上がらない。

腹筋を付けたいのにそもそも腹筋ができない、そんなジレンマを抱える貴方にワンダーコア。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B015DZT5VQ?psc=1

器具が体をサポートしてくれるので、腹筋ができない人も大丈夫!文明の利器ってすごい!!

 

 

しかし。

 

 

こんな素晴らしい道具があったって、やらんものはやらんのです。

 

 

仕事が忙しい分、家に帰ったらダラけてしまうのです。

 

 

そんな皆さんに提案したい、会社でできるエクササイズ!

業務の合間を縫って、リフレッシュ代わりにこっそり運動しちゃいましょう!!!

 

①キングファイルでダンベル運動

難易度★☆☆☆☆

「書庫にあるファイルの整理してきま〜す★」と一言言えばできちゃう運動。

できればたっぷりゴミいや書類が詰まった大きめのものが良いでしょう。

片手に一個ずつ構えて、五分も上げ下げしていれば素晴らしい二の腕が手に入る…かも。

万が一見つかっても、ファイルを上の棚に入れたいのかな?でごまかせるのもお手軽さの一つ。

 

②トイレの個室でシャドーボクシング

難易度★★☆☆☆

高圧的な上司、嫌味な課長、無茶を言うお客様に辟易した時はこれ。個室の中で誰の視線も気にせず、ムカつくアイツの顔を浮かべながらパンチのラッシュを繰り出しましょう。最後は水に流して二度スッキリすること間違いなし。

 

③ガラスの壁(もしくはドア)に向かってヨガ

難易度★★★☆☆

デスクワークで肩が凝った…だけど伸びをするだけじゃ全然コリがほぐれない!そんな時は社内の人気のない自動ドアかガラスの壁に向かってヨガファイアー。ガラスに映った自分に恍惚としつつバランスも見れて一石二鳥。ただ通りがかった向こう側の人に見られると間違いなくヤバい人認定。

 

④会議室でDVDをセットしズンバ

難易度★★★★★

ズンバって知ってます?サンバみたいな感じのダンスなんですが。(正直私もよく知らない)(ただリズムが楽しい)

早朝、もしくは定時後の誰も使わない会議室ならやりたい放題!テレビとDVDデッキのある部屋で思いっきり踊りましょう。

普段お偉いさんが使っている部屋ではっちゃけているという爽快感も相まって、気分はエクスタシー!!!

ただ見つかるとヤバい。会社によっては始末書モノ。

 

 

以上、いかがでしたでしょうか。

明日からすぐに使える?ものばかりですね!!

ちなみにもち子は①と②しかやったことありません。③と④をやってたのは会社員時代の母です。

なのでそれに伴うリスクは知りません。やる人は完全自己責任でやって下さい。

 

 楽しい会社スポーツライフ、みんなも企画してみてね!!!

福井で頑張る福井県立大学生たち

ぐうう、若いって羨ましい。

こんにちは、25才のもち子です。

 

大学生のときに色々やっておけば良かったなーとつくづく感じる今日この頃。

「若い」ということはそれだけで価値のあることなんですよね。「やったことないから」「自分にはどうせ無理だから」「青臭いって思われるから」とか何とか色々言い訳せずに、「やりたい!」と思ったことは片っ端から挑戦すべき。

同じことを社会人がやっても関心を向けられることは少ないけど、学生がやってると結構みんな注目してくれるし、応援もしてくれるんですよね。

大学生のときにそのことをしっかり分かっていれば、「学生」というブランドをフル活用して人身売買あっ間違えた人材派遣の起業とかやれたのに…あー僕らースターフライヤー時をーかけるークライマーになりたい。最近はそんな妄想に駆られているので、アラサーの女と入れ替わりたいイケメンの大学生がいたら是非君の名を教えろください。

 

なんでこんな話をするかというと、出張中に福井のラジオを聴いていたら、学生がすごく面白そうな取組みをしてるんですよ。福井なのに。福井なのに!!(重要)

 

その取組の名は福井のフリーマガジン「SPROUT」(スプラウト)。

福井県立大学の学生を中心に、県内県外の福井出身者が作ってるんだそう!

http://s1421033.hatenablog.com

 

福井を知ってほしい、好きになるきっかけを作りたいとの想いから立ち上げたんだとか。

しかも、フリーペーパーって何百枚も何千枚もバラまいて読んでもらうイメージですが、この冊子はなんと回覧式!エコ!!

つまり、100人に100冊を配る、のではなく、100人に10冊を配るということ。そうすると、回覧式の面白さみたいなものも出て来て、どんどん輪が繋がるんだとか。

多分、東京や大阪でこういう回覧式のフリーペーパーを作っても、結局どこかで途切れちゃうんですよね。

だけど福井なら、大体自分の知り合いは誰かの知り合いだから、回覧してるうちに共通の友人の名前を見つけることもあるかもしれない。

面白いコメントしてる人がいるなあと思ったら、知り合いを通して直接会うこともできるかもしれない。

フェイスブックツイッターのようなSNSから現実に輪を広げることは恥ずかしいけど、こういう顔が見えるアナログな方法だと、かえって簡単に繋がることができる。

人口の少ない福井を生かしたアイディアですよねー。いやー、うまい!!!

 

「福井のゆる旅」(あわら温泉の無料の足湯とか三国のレトロな森田銀行とか)(私も好き)(暇つぶしと息抜きにぴったり)というコンセプトで、オシャレで可愛い福井の楽しみ方を紹介しているのも◎。

 

ちらっと見ただけでもかなり盛り沢山な内容だったので、見かけたら是非手にとってみてくださいねー!オススメ!

 

さて、こういう素敵な取組みをしている学生が福井にどんどん増えますように!

そして福井に経済効果をどんどんどんどんどんどんdndn(auのcm好き)

【世の中】若者割のありがたさ【シルバー割】

こんにちは、温泉大好きもち子です。
 
私の同僚(全員20代)の8割強が、温泉へ週1の頻度で行くという事実に衝撃を受けています。
え、多いよね?若い子ってそんな温泉行かないよね?えっ??
若者ですら高齢化する福井、未来は明るい。
 
まあ、それは置いといて、またしてもお隣金沢でこんなモノが。
 
f:id:habutaemochiko:20170211001151j:image
 
どこ行ってもシルバー割引しかない中、若者にこんな優しい企画があるなんて…!
都市圏から金沢の大学入ってこんな良い思いしたら、温泉目当てに移住もアリかなってなりますね。え、なりますよね?
 
福井も若者に帰ってきて欲しいなら、彼らを優遇する施策を打つべきなんですよね。温泉でもレストランでも交通機関でも、何か若者にメリットをつけて、福井にもっと住んでいたいなって思ってもらわないと定住は無理だと思います。
 
若者、特に大学生はどうせ一度は県外出ちゃうから…って言うなら、もう少し上の子育て世代をターゲットにすればいい。
ベビーを連れてもゆっくりできる温泉とか、親子で楽しむ映画館とか、コンサートとか、英語教室とか、スポーツとか……意外と少ないんですよね。お母さんはいつも気を遣っていなくちゃいけなくて、その困惑ぶりを若者は目の当たりにしてるから、そりゃ子ども産まんわっていう。あ、話が逸れました。
 
とりあえず、シルバー割ならぬ若者割の発想を福井はもっと持ちましょう。
 
ひとまず、携帯業界みたいに25歳まで割引対象引き上げた温泉観光プロジェクトを切に期待します。切に期待します。

【北陸】なぜ金沢だけが一人勝ちしたか【最強】

こんにちは、福井県も好きだけど都会も大好きなもち子です。
 
今日は久しぶりに金沢駅へ行ってきました!
数年前にはあまりパッとしなかった金沢、北陸でもどんぐりの背比べだった金沢、その割にやたらプライドだけは高い金沢(金沢好きです)!が!なんとまあ素敵な駅に!
 
世界の駅ですよ!Amazing Kanazawa!!!
 
道行く人もお年を召した紳士淑女から若いカップル、6大陸の外国の方、そして学生達。いやー活気があっていいですね。
 

f:id:habutaemochiko:20170120224910j:plain

金沢駅の様子。
 

f:id:habutaemochiko:20170120224940j:plain

一方の福井駅
 
今でこそ福井富山とは完全に一線を画す金沢ですが、数年前までは正直そこまで注目されていませんでした。なぜここまで差がついてしまったのか、私が思う理由の1つがこれ!
 

f:id:habutaemochiko:20170120225437j:plain

ででん!

 

見えますかこのパンフレットの数。

奥にも壮大なパンフレットワールドが広がっています。

 

f:id:habutaemochiko:20170121010157j:plain

もはやちょっとした図書館。新幹線の待ち時間もこれなら退屈しない!
 

f:id:habutaemochiko:20170121010224j:plain

観光情報の中にさらっと移住書類をサブリミナル。
観光財源に加え人工確保も忘れない石川。このハングリー精神、見習いたい。
 

f:id:habutaemochiko:20170121010247j:plain

そうそう、こういうの良いよね!
綺麗な景色なんかネットでいくらでも見れる世の中、体験型に焦点を当てた発想、さすがです。
 

f:id:habutaemochiko:20170121010307j:plain

え、やだ、なにこれオシャレ…
※無料です。
 

f:id:habutaemochiko:20170121010354j:plain

思わずお持ち帰り。
※無料です。
 

f:id:habutaemochiko:20170121010414j:plain

右から二番目、志賀町ことりっぷパンフレット。
志賀町原発のイメージしかなかったけど、素朴な雰囲気漂う綺麗な町なんですね。
 
ひとしきり金沢のオシャレパンフに目を奪われていると、奥の一角に福井エリアの文字が!福井頑張ってるじゃん!
 

f:id:habutaemochiko:20170121010451j:plain

うん…うーん、この自然色。
 

f:id:habutaemochiko:20170121100458j:plain

ゆめおーれ勝山と永平寺散策のパンフは可愛い。
 

 f:id:habutaemochiko:20170121104741j:plain

ん?金沢小松あわら間で無料バス?何このサービス聞いてない。
しかも1年前からやってたの?えっ?
もっとこういうことはちゃんとアピールしてって、言ってるじゃないですか、もおー!
(良いサービスがあっても県民が知らない間に終わる)(福井あるある)
2017年3月末まで運行しているようなので、金沢小松あわら間に興味のある皆様は、是非。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・
まとめ。
 
パンフレットコーナーしか見てないですが、あれですね。
 
北陸圏内で金沢一人勝ちの理由。
 
県のマーケティングが上手すぎ。
 
もう、ターゲット層が本当に明確。
大学生、外国人、老夫婦。その中でも、歴史や文化や温泉が好きな、ちょっとインドア&インテリな人達。
ここに焦点を当てて、駅のデザインも、お店も、パンフレットも、全部オシャレに統一してるわけですよ。フォーラスもRintoもお店の系統は大学生以上、幼すぎず年寄りすぎず、センスの良いショップで揃えてるんですよ。
駅だけじゃなくて、観光資源も兼六園や美術館、茶屋街、温泉、伝統工芸ショップだから、和モダンで落ち着いた広告。わくたまくんぐらいじゃないですか?子ども向けでポップなの。
 
なのに福井のターゲットときたら、中高校生なのか大学生なのか、はたまたミドル層なのかシニア層なのか、全っ然分からない。安っぽいキャラクター(愛すべきラプトくん)で子供向けなのかなと思ったら急にリアルな恐竜導入したり(駅前のことです)。いいじゃん全部ラプトくんで!あいつかわいいじゃん!!リアルな恐竜は正直どこにでもいるけど、ラプトくんはなかなか…なっかなかいないぞ…。
 
ほんと、福井のターゲット層は、田舎のダサ可愛い高校生以下の若い子と、共働きの子育て世代と、お百姓してきたおじいちゃんおばあちゃん、が良いと思う。
都会的なオシャレ層はどんなに引き止めても京都金沢に行っちゃうし、むしろそういう層はどんどん外に出て行って、感性を高めるべき。
逆に、今福井に残っている層に集中して手厚い施策をした方が、福井が好き!幸せ!応援したい!って感情を持つ人が増えると思うけど。
福井から出て行っちゃった人も、あー故郷が頑張ってるんだなって手を貸したくなるような、そんな県。
 
変に背伸びせず、福井の元々ある良さを全面的に押し出す施策、期待しまーす!