ダサカワ福井

ダサ可愛い福井県の魅力発見中。

【速攻】雨に濡れたスニーカーの乾かし方【形崩れなし】

北陸は雨が多い。

 

太平洋側から来た友人が一気に病むのを何度も見てきた。

 

弁当忘れても傘忘れるな、石川のありがたいことわざである。

 

そして今日もまたどしゃ降り。雷警報。台風の季節は仕方ないですね。

 

でも個人的に、傘に大粒の雨が当たるバラバラという音とか、霧がかって異世界みたいに見える風景とか、水と泥で足がぐちゃぐちゃになる感じとか、嫌いじゃない。(好きとは言わない)

 

まあ何より夏の暑さを吹き飛ばしてくれるのでね、結構この季節の大雨は楽しんでるんですけど。けど。

 

やっぱり靴がダメになるのは痛い。

 

体は洗えばいいし、服も洗濯すればいいんだけど、靴はもう一瞬でダメになるからね。型崩れと異臭がね。やばいよね。

 

靴がずぶ濡れになる度にドライヤーとか扇風機で乾かしてたんですけど、この度ものすごく優秀な相棒を発掘しました。(倉庫から)

 

f:id:habutaemochiko:20170907181015j:image

 じゃん!

 

こいつです!!

 

サーキュレーター!!!

 

 

 

本来はエアコンの風を室内で循環させるためのものですが、この目的ではあまり効果がなかったシロモノ。←

 

よってメルカリで出品したんですが、全く売れず…。

 

そんな感じで倉庫に格納していた君に、こんな使い道があったなんて!!!

 

背の低さも風の強さもバッチリ。

 

まさに靴を乾かすために生まれたような存在。

 

ありがとう、サーキュレーター。

※本来の使用用途とは異なります。

学生主催の一億会議に出たら無力感に襲われた話

jascaという学生団体が主催する「一億総活躍&地方創生〈学生・若者〉全国大会 in 横浜」に出席してきました。

 

現役大臣や政策関係者、今をときめく若手起業家などなど、錚々(そうそう)たるメンバーの講演を2日間にわたって聞ける、参加者も意識の高い学生や若手社会人ということで、あーめっちゃ面白そう!と思って参加した本大会。

 

もち子も意識高く挑んだところ、見事玉砕し無力感に襲われた話です。

 

 

順を追って話すと。 

 

 

オープニングの若手起業家の講演会、内容はとても良かった。

前々から新聞やテレビで見かけて会いたいな〜と思ってた人、全然知らなかったけどとても面白そうなことをやってる人、こいつやべー奴(!)だなと一目でわかる人…

全員わたしと同年代で、こんなぶっ飛んでる人達がいるなら日本は大丈夫だと。

 

 

んーでも、こんな凄い人達がいるなら私やることなくない?

 

 

ここに来ている参加者だって、一流大学・一流企業ばっかりだし…

 

 

日本創生はこの子達に任せて、凡人は子ども産んでご隠居、彼らみたいな次世代を育てますかね〜

 

 

という諦めというか卑屈というか、そんな無力感に襲われたのがまず最初。

 

 

次に。

 

 

地方に対する都会っ子のネガティブキャンペーン(?)。

 

 

「地方」に対してどんなイメージを持っていますか?

という質問に対して参加者の回答がこちら。

  

・過疎地域

・都会の道具

・日本の衰退の象徴

・仕事はないがのんびりしている

・自分は住みたくないetc…

 

 

!??

 

いやいやいや…

 

これ、地方創生についての大会だよね?

 

の割に地方めっちゃディスられてるよね?

 

ていうか二番目!都会の道具て!!

 

 

さっき日本の未来はこの子らに任せると言ったけどいやいやいややっぱり前言撤回…モヤモヤ…とした気持ちのまま政府関係者の講演へ。

 

 

えーーー中身何もない…!(失礼)

 

 

いやでも本当そうなの。

 

「大事なことを言ってるようで実は何も言っていない」ということをいかに行うかが政治家手腕の見せ所、と何かの本に書いてあったけど、まさにその通り。

 

いや、私の理解力がなかっただけかもしれないけどさ。

それを差し引いてもさ。

 

地方にも良い企業はいっぱいありますとか、地方へ人を派遣させる取組みをしてますとか、聞いたことのある話ばかり。

 

 

で?

 

 

地方の人口減少が著しい、だから都会に集中している人を地方に分散させたい、そのために地域おこし協力隊ふるさとワーホリふるさと納税やっています、地方企業にも小さいながら良い会社はたくさんあります、是非目を向けてください、うん、で?

 

その先のこと、例えば地域おこし協力隊でどういう効果があったとか、地方企業の知名度が低いからこういう施策をしてますとか、いっそ仕事をシェアするみたいに都会と地方で人もシェアできるサービスを検討してますとか、そういう、その先の話を聞きたかったんだけど…

 

講演の時間が短すぎるからっていうのもあったけど、ちょっと、いやかなりガッカリでした。

 

冒頭の

「地方」に対してどんなイメージを持っていますか?

の参加者の回答、あまりにも悔しくて「無限の可能性」って書いたんだけど、時間の関係で発表されず。オイ!

 

やはり地方を変えるのは政府でも意識高い系学生でもなくそこに住んでる人、住んだことのある人、そこに思い入れがある人、そういう当たり前の事実を再認識した1日目。

 

そして2日目に移ります。

 

ワークショップ中心に展開していき、途中若手官僚(初めて見た)(実在するんだ)のパネルディスカッションを挟み、最後に大臣も交えた日本の未来を考えるトークセッション。

 

ワークショップの内容は地方創生や教育に絡んだ内容、1日目でみんな地方創生に興味なさそうだしな…今日のグループワーク大丈夫かな…という不安は吹き飛びまして。

 

同じグループになった参加者は未来の官僚や教師になる人、未来の農業を研究している院生、ベトナムへのインターン生やアメリカからの帰国子女等々、ほんとうに色々な人がいて、色々な意見が聞けて、とても良かった。

 

そしてそれぞれが、何か自分の人生の中で課題を持っていて、それを解決しようと努力してて、それが回り回って地域のためだったり国のため、世界のためになってた。

 

いつも思うんだけど、こういうセミナーやイベントに行った時って、講師から新しく得るものよりも、その場を共にした人との繋がりとか、そこでの自分の振る舞いとか、そっちの方に満足感が左右されるんですよね。

 

福井にいると、若者は目が死んでる(マジで)し、中高年は思考が凝り固まっているし、高齢者はどんどん施設に入っていくし、地域の商店街はシャッター街だし、大丈夫かなこの県…ていうかこの国…って絶望するけど、東京に来て、日本について議論して、何かをしようとしている人たちがこんなにいるって知れて良かった。

 

最初は自分には何もすることがない、何もできないという無力感に襲われたけど、最終的には自分にも何かできることがあるかもしれない、というか自分は意外とできる奴かもしれない、そう感じさせてくれる良いイベントでした。

 

交通費宿泊費プラス参加費で3万円近くかかったけど、その価値のある十分な内容でしたやったね!

次もこんなイベントがあったら行きたいなぁ。

 

(しかし東京在住だったら参加費5千円だけで済んだのに、と思うと地方と都市圏の体験の格差を痛感しますね …。地方にいて一番嫌なことかもしれない。)

ホームレスのおじさんと生まれて初めて交流した話

横浜駅

 

ものすごく綺麗なお店や建物のすぐ横に、ものすごく汚い建物やゴミの溜まり場があったりする。そんな清濁混合のカオス空間の一角に、そのホームレスのおじさんはいた。

 

あー福井ではあんまり見ないけど、やっぱ都市圏は多いんだよね〜と横目に思いつつ通り過ぎようとしたとき、おじさんが手に持っていた雑誌に注目。

 

f:id:habutaemochiko:20170830202852j:image 

ビッグイシュー日本版|BIGISSUE JAPAN

※ホームレスの皆さんが販売する雑誌。1冊350円のうち、180円が販売者の収入になる。ホームレスの救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援するロンドン発祥の事業。

 

一度読みたいと思いつつ普及エリアじゃない福井では中々お目にかかれなかったbig issue!!大阪では売り手のオーラが鬼気迫ってて怖くて買えなかったbig issue!!これから日本一億総活躍を考える会議(以下記事参照)

 

habutaemochiko.hateblo.jp

 

に出席する私に必要な現代世界の情報が載ってるbig issue!!!読みたい!!!でも通行人めっちゃ人多い!絶対買うのジロジロ見られる!ハズカシイ!!!でもここで読まずいつ読むの!?今でしょ!!!

 

上記数秒の葛藤のあと、「す、すいませ〜ん…ま、ま、前から読みたくて〜…。」販売しているおじさんに(どもりながら)話しかけた。

 

小綺麗なホームレスって言ったら失礼か。でも髪も服も汚れはあるもののきちんと整っていて、振る舞いも紳士的だった。

 

「どうぞ。」

 

おじさん、にこり。

 

「あ、ありが「おねえさんありがとね〜、こういうの興味あるの??この雑誌、ビッグイシューって言ってね、あ、もう知ってるかもしれないけど、今回の表紙猫ちゃんなんだよ可愛いでしょ、でね、僕思うんだけど、こういうのホームレスが売るってアピールしちゃうからみんな買わないんだよな、普通の雑誌として売った方が儲かると思わない?そういえば今度イベントがあってね、この表紙の人、イケメンでしょフフフ!この人ヘロインで捕まってホームレスになったんだけどそこから立ち上がってね、それが映画になるから今度日本にも来るんだよ新宿なんだけどn」

 

おじさん…。

 

 

めっちゃ喋るな…。

 

 

止まらないマシンガントーク。 

 

雑誌の活動や内容、果ては横浜市の政策の愚痴(!)等々聞いて、楽しかったけど次の時間が来ていたからそこそこに切り上げた。またね、と言って、用事が終わった後にもう一度同じ場所を通ったんだけどおじさんはもういなかった。もっと話したかったんだけどなー。残念。

 

あんないい人がなんでホームレスになっちゃったんだろう。

 

家がなくなる前は何をしてたんだろう。

 

big issueはいつから、どうやって売り始めたんだろう。

 

今まで全く関わることのなかった「ホームレス」という人たちに、big  issueとおじさんのおかげで興味が湧いてきた。

 

 

と、いうわけで調べてみた。

 

 

まず、ホームレスになる経緯。

アル中か賭博中かヤク中が原因でなるんだと思ってたけど、これらはただの結果であって、本当の原因は頼れる親族がいないことや失業、そして住所がないばかりに再就職が難しい、そういったことなんだというのが分かった。

 

まあそうだよね、若い時からホームレスの人なんていない。(たまにいるけど)(かなり特殊な人が多い)(なぜかその後成功してる人も多い)(少なくとも周囲にいる若ホームレスはそう)

みんな何かしらの理由があって仕事や家を失くして、最初は目に見えないくらい小さかったズレがだんだん大きくなって、いつの間にか自分の力では修復できなくなっていく。

 

そういう人達が、炊き出しの場だったり、ハローワークであったり、そういうところでbig  issueの担当者に声を掛けられ、変わっていくのだと知った。

 

ははあ。

 

すごいなbig issue。(とその販売員さん)

 

色々な施策が功を成し、日本ではホームレスの数は年々減少しているんだとか。(ホームレスの定義が曖昧とか数え方が目視はおかしいという問題はあるけど)

その代わり引きこもりの数が尋常じゃなくて、こっちの方が深刻な問題になってきている。

 

具体的には、ホームレスの数は6235人。(2015年厚生労働相調べ ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果について |報道発表資料|厚生労働省)

対して引きこもりは約70万人。(15〜39歳まで)(2010年内閣府調べ ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果について |報道発表資料|厚生労働省)

 

なんだかなー。

 

もう、引きこもりの子はとりあえず一回ホームレス体験したらいいんじゃないだろうか。

 

だってずっと引きこもっていたら、行く末はそこだ。遅かれ早かれ経験するんだから、先に経験しとけばいい。それでこれは自分にはできないと働きだせばそれでオッケー、もう無理ダメだと引きこもったらそれはそれでその子の人生だ、とおもう。

どっちにしろ、一回外に出てきてくれないと、助けようにも助けられないし、見つけようにも見つからない。

 

おじさんと交流したおかげで、ちょっとだけ、家を持たない人への見方が変わった。

ダサい制服が社員をダメにする

f:id:habutaemochiko:20170706121231j:image

躊躇なく変える。

 

東京オリンピックで散々ネタになりました、某ユニフォーム。

あのアグレッシブなデザインの服を渡されてテンション上がる〜ボランティア頑張ろっ☆となる人はなかなかいないよね。いやいるだろうか…いやいない。(反語)

要は、どんな服を着るか、って自分のモチベーションにすごく影響するよねって話。

 

そう、制服によってテンション下がるのはボランティアだけではないのです。

学校や仕事でも、制服に悩まされる人がいるんです。私です。

 

まあ、学生の制服は、ダサくてもなんとかなるんですよ。若さと「学生」というブランドでカバーできるから。壊滅的にダサい制服着てる子が可愛い私服着たらやばい超可愛い…ってなるじゃん?そのための単なる布石ですよ。

 

問題はね、社会人。

 

女性の事務服ですよ。

 

 

 

まあ、何も言わずにパリッとしたスーツ着た女性と、チェック柄のよくあるベスト着た事務服の女性を思い浮かべてみてください。

 

 

どっちと仕事したい?

 

 

 

多分、どっちでもいいって回答が一番多いと思うんですよね。私もパッと見てどっちって言われたら服装と仕事は関係ないでしょって思って特に気にしないと思います。

 

だけどね。

 

例えば自分が営業だとしてね。

 

担当の方いらっしゃいますか?って出て着た女性がダサい事務服だと。

 

え、窓口の人?みたいな。

 

門前払いせずに本物の担当者出せよ、みたいな。

 

事務服を着た途端に、「担当者」ではなく「事務のお姉さん」になっちゃうんですよね。パートさん?一般職?高卒?って。いや、正社員ですけど…総合職ですけど…大卒ですけど…その背景を一瞬で消しとばす事務服。しゅごい。

 

一度相手から「事務のお姉さん」のレッテルを貼られたら、結構頑張らないといけない。相手の期待を上回る仕事をして初めて「事務のお姉さん」ではなく「一個人」になれる。

 

それに、毎日毎日クソダサい制服に袖を通してると、顔もなんか服に合った顔になってきちゃうんですよね。おばちゃん顔って言うんですかね?きちんとした服を着れば、それだけで雰囲気変わるのに。

 

「その人がどんな服を身につけているか」と「仕事の信頼度」、「その人の自分に対する自信」は、やっぱり相関するんです。

 

制服導入自体は悪いことではない(むしろ毎日コーディネートしなくていいのでラク)(私服も買わなくていいのでラク)けれど、デザインだけは…デザインだけは…頼むから…

必ず、着る側の声を聞いてください。お願いシャス!!!

 

 

※ちなみに着る側に選ばせても、センスがないと残念なことになるので、必ずオシャレな人に選んでもらってください。

※間違っても総務のおじさんの独断と偏見で選ばないように…

【趣味】ポールダンス体験行ってきたよ【欲しい】

f:id:habutaemochiko:20170706114735j:image

あ〜趣味欲しい(まだ見つけてない)

もち子です。

 

休日の趣味はアニメみながらだらだらネットすることですとかヤバいよね…社会人として終わってるよ…いや楽しいけども…!

 

ということで、趣味を作るシリーズ第3弾・ポールダンス編。

 

なんでポールダンス?って思った貴方。

何も言わずにこの動画を見て欲しい。

rocketnews24.com


めっちゃかっこよくない・・・?

 

ポールダンスしている女の人って凄く綺麗な体ですよね。

全体的に引き締まっているんだけどところどころ柔らかくて美味しそうっていうか。

すごく色っぽいけど同時にすごくチャーミングっていうか。

もうポールダンスしてる女の子のお胸にチップ挟みたいっていうか。(セクハラ)

 

ものは試し、ポールダンスどっかで体験できないかな〜と思ったら、大阪にあるんですね。しかも昔住んでた場所の近く!ちょうど用事もあったし、大阪くんだりまで行きますかということで体験申し込み。

 

申し込んだのは日曜昼の部、体験料は1,000円。服装は肘と膝が出る服装、つまりTシャツ短パンですねわかります。後で知ったけど、恥ずかしい人は長ズボンでもいいみたい。持ち物はタオルと水のみ。お手軽〜!

参加者は私の他にどぎついヒョウ柄とショッキングピンクのおばちゃ…マダムでした。すげえ…こんな全身で大阪オーラビシバシな人を見れるなんて…。(何がすごいってこういう人が思った以上に多いこと)(これだから大阪たまらん)

 

インストラクターは受付の綺麗なお姉さん…ではなく、イケメンのムキムキなお兄さんでした。これはこれで…ゴクリ。

 

怪我をしないよう、最初は柔軟から。

 

…。…!?

 

かってえ……!

 

f:id:habutaemochiko:20170603214812j:image

 

学生の頃はもっと伸びたのに…なんなのこれ…!?

 

あらゆるところが直角やないか…その横で優雅に柔軟する大阪マダム(元体操部)。おいおいマジかよ…。

 

鏡の前に立って、ポールを持って、まずはターンの練習から。

ふふふ、これはYouTubeで予習済みですよ…。…あれっ?

ものすごくぎこちない。動画のダンサーはあんなに優雅だったのに…ふわっふわだったのに…。なんで私はロボットダンス?奥が深い、ポールダンス。

 

そこからクライム、ポールに登る練習。うう、手汗がっ…あまりに滑るのでタオルをクッションに棒へ登る。軍手持って来ればよかった。

ももで棒を挟むのですが(この表現エロい)、もうアザができそうなくらいしっかりつかまないと無理。ほんとはもっと簡単にできるらしいですが、初心者には難しいっす…!

隣でマダムが両手離してポーズをキープしていますが、私は手汗と筋肉が足りないので地面に滑り落ちるのみです…ちゅるる〜ん。

 

f:id:habutaemochiko:20170603214839j:image

 

先生にアシストしてもらってなんとか形になった後、じゃあ一曲踊ってみましょうと。

 

テイラースウィフトの曲に合わせて照明落としてポールの横に立ってる自分を見ると、あら、いいんじゃない…!?

スタジオなので一面鏡、キラキラした青紫の照明に露出多め(Tシャツ短パンですが)の自分の姿はなかなかセクスィー。わたし、キレイ…!?(暗闇ってすごい)

 

音に合わせて踊る(まあ全然踊れないんですけど)のもいいし、ポールダンスって絶対鏡(自分の正面)を見ていないといけないんですよね。観客の方に常に顔向けっていう体。こういう特殊な空間で自分の体と顔をまじまじと見る習慣は、なかなかいいんじゃないでしょうか…?自分に自信、持てると思う。

 

nihonzine.com

この記事の女性のように、自分に自信がない人(おっぱいが大きければ尚良し)こそ、やってほしい、ポールダンス。自分を解放して、自信を持つってすごく素敵なことだよね。

 

そんな感じで、自分もポールダンスやってみたい!っていう人、ぜひ始めてください。そしてあわよくば福井でポールダンススクール開校して…!笑

通うには大阪は遠すぎます(知ってた…!)ポールダンスCome on〜!

2week派だったけどやっぱコンタクトレンズは1dayが最強

こんにちは〜社会人4年目のもち子です!

歓送迎会シーズンがひと段落しましたね。後輩を可愛がっているとお財布が厳しいですね。まあ私は特に出してないんですけど…ね!

 

さて、飲み会が多くなると気になるのがコンタクトレンズ

プレミアムフライデーで16時に飲み会開始、19時終了ってなれば理想ですけど、まあそんな会社ほとんどないですよね〜あっ私の会社はないです。

であれば19時開始、二次会まで付き合うと日を超えることもザラ。で、ここで問題が発生するわけですよ。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TRTM9416_TP_V.jpg

目が乾く・・・・・・!

 

そのまま朝まで飲むとか、最悪お泊まりコースになると、もうダメです。ドライ。痛い。次の日の顔が修正できない。

 

コンタクトレンズや視力矯正用メガネなどのアイウェア使用者は調査対象全体の69%、コンタクトレンズ使用者は26%であった。年代別に見ると若年層ほどコンタクトレンズの使用者が多く、16-30歳の女性では44%と非常に高い。

GfK Japanコンタクトレンズ利用実態調査(2016年)より)

 

世の中にこの苦しみを少なからず味わっている人が26%…。うら若き女性に至っては半分近くいます。大変だよねえ。

 

私は目が悪かったんで、小学生からずっと2weekのソフトコンタクトレンズユーザーでした。ハードは痛すぎて入れられなかったんでね…。あとは一応テニス部だったので、運動中に落として割るのも嫌だなと。補欠だけど。

 

まあ中高生の頃はそれでよかったんですが、大学生になると2weekのコンタクトレンズが不便でしょうがないんですよね。

宅飲みしてもコンタクトの持久力不足(訳:すごく乾く)のために帰ったり、翌日までに洗浄終了しなかったり、旅行行っても洗浄液不足でコンビニで買ったり、ていうかまず荷物になって重かったり、「まだ使えるのにもったいないよね?」という理由で平気で1〜3ヶ月使ったり、加えてこすり洗い不足のコンボで結膜炎になったり…ぐわ〜!

 

これはダルいわ…何で私は暗闇で携帯ゲームなんて苦行を目に強いてたんだ…任⚫︎堂ゆるさん…と怒りの矛先を某大手ゲームメーカーに向けていたのですが、ある時友人(親が眼科医)のススメで1dayコンタクトレンズを購入しました。

 

ぜんっぜん違う…!

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/LGTM_dandast23_TP_V.jpg

快適……!!!

 

そのまま捨てられるお手軽さ、汚れを気にしなくて良い清潔さ、旅行でのかさばらなさ、どれを取っても完璧。パーフェクトです。

 

ただ、大きな問題が一つ。

 

値段が高い。

 

同じメーカーでも2weekは片眼3ヶ月間で2〜3千円程度なのに対し、1dayは片眼1ヶ月間で2〜3千円程度。洗浄液の値段を考慮しても、2倍以上のお値段。

特に私は目も乾きやすいため酸素透過率が高いコンタクトレンズ、かつ乱視も入っていたのでよりアンリーズナブルなお値段。(ノーマルレンズより1000〜2000円増し)。

2weekなら年間30,000円程度で済んだモノが1dayだと年間70,000円…ひえっ。

これをずっと買い続けるのは無理、お金ない。コスパ悪し。

 

というわけで、普段は2week、旅行や飲み会の時だけ1dayというレンズ併用生活をしばらくしていたのですが…が。

 

2week、めっちゃ面倒くさい。

 

人間怖いもので、一度ラクを覚えてしまうともうー、2weekが面倒で仕方ない。

もともと極度の面倒くさがり(ゴミ箱へはその場で投げ入れる派)(コタツは夏まで出しとく派)なのもあり、2weekの毎日のこすり洗い、洗浄液の管理、その他もろもろがひどく億劫になりました。

 

しかしその手間賃の代償に年間7万円は高い。高すぎる。なんとか安く手に入れる方法はないものか…

とここで、安心と信頼の楽天先生登場。

 

全く同じメーカー・種類の1day コンタクトレンズがなんと約2,000円!(定価は3,000円)しかも送料無料。

これなら年間50,000円に抑えられる…つまりひと月4,000円。みんなとの飲み会とランチ我慢すれば事足りるよね!そもそもそんな友達いないし!買い!!

 

というわけで、今はもっぱら1dayコンタクトレンズユーザーです。

最初は店頭のレンズとあまりにも値段が違うので不安でしたが、品質に問題なし。

(値段の違いは流通経路や人件費によるものであり、取り扱っている商品は全く同じなので、当然といえば当然でした…笑)

お店に行く手間も省けたし、よく分からないオプション買わされることもないし、何より同品質低価格!コスパ良い!ハッピー!

 

コンタクトレンズで悩んでいる皆さん、1dayコンタクトレンズ、是非一度お試しください。めっちゃ楽。

※初めて1dayを装着する場合は、必ず専門の機関でお試しください。人によってはレンズの形に合う合わないあるみたいです。

※通販で購入する場合、処方箋はいりませんがかかりつけの眼科名を記入する必要があるところも。眼科への定期健診も自己責任なので、目立った異常がなくても定期的に通うことをお勧めします。度数はたった半年でも結構変わります。

 

ちなみにもち子はジョンソンエンドジョンソンのワンデーアキュビューモイストというレンズを使用しています。

色々試しましたが、酸素透過率の高さ、装着のしやすさ、蓋の開けやすさ(地味に大事)共に一番お気に入り。

 

 

乱視なしの方はこちらです。

 

 

もう買う商品決まってるわ!っていう人はまとめ買いの方がお得ですよ〜。

私は度数が変わることを常にビビってるので基本単品買いです…笑

では、皆さん楽しいレンズライフを〜!

福井の子どもの遊び場スポット選!【ほぼ無料】

 f:id:habutaemochiko:20170603202924j:image

県庁の友人(仮名:鯖江めがお)から衝撃の相談。

どうやら、県外の大学進学者が福井へ戻ってこないそうで。

東京・大阪であれば、満員電車や都市の喧騒と比べて福井は住みやすいよ、と言えるけれど。

石川県や富山県からは戻ってこないと。

 

はあ。

 

そこで上記の質問が来たわけですよ。

 

いやいやいや…。

 

そりゃこないでしょ…。

 

金沢は北陸にて最強ですから…。(富山はなんだかんだでオシャレ)

完全に二県とも福井の上位互換ですから…。

habutaemochiko.hateblo.jp

 

しかし、ここで思い出した。

金沢の上司が、わざわざ福井県まで子どもを遊ばせに来ることを。

金沢は大人が遊ぶところは多いけれど、子どもが遊ぶところはほとんどないことを。

 

そう、21世紀美術館兼六園東茶屋街加賀温泉等、大人世代にはいくらでも時間を潰せる金沢の魅力スポットも、子どもにとっては「静かにしなさい!」と怒られる退屈な場所に過ぎないのである。

 

その点、福井はちびっこ天国。

子どもが少ないので人気の遊具は使い放題、出歩いているのは耳の遠いおじいちゃんおばあちゃん(90歳級)なので騒いでも文句言われない、地価がくそ安いので公園も広いし思いっきり走り回れる、空気はきれいだし治安はいい、放っておけば勝手に遊んでくれます。すごい!イェー福井最高!!!(…)

 

と、いうことで、福井が石川に勝っている数少ない魅力、子どもの遊び場スポット(しかもほぼ無料)を地域別に紹介するよ〜!!(泣ける)

 

嶺北エリア(あわら市坂井市)】

入園料、駐車場無料。(展示エリアは大人のみ入場料100円)

言わずと知れた(?)福井の遊び場スポット。

屋内でも屋外でも楽しめるのがポイント。もち子の弟はここの噴水で寝そべってました(ついでに水も飲んでた)。何をするか分からない年頃のアグレッシブ園児にも優しい施設。小学生以下の子たちが多いイメージですが、高校生もデートで来る子がいるとかいないとか。まあそれだけ全年齢で楽しめる場所ってことです。どれだけ大人の遊び場ないの福井。

 

f:id:habutaemochiko:20170603201409j:image f:id:habutaemochiko:20170603201417j:image

 入園料、駐車場無料。

公式サイトは畜産試験場という物騒な名前を掲げていますが、実態は羊と牛とヤギが仲良く生息しているどうぶつの森です。団体の場合は要予約ですが、個人の場合はそのまま入場してOK。運がいいと子ヤギを抱っこできたり、羊の毛刈りシーンを見られることも。エンゼルランドと並んで福井の2大遊び場スポット、芝政ワールド(プールと芝生とパットゴルフ)もすぐ近く。

 

入園料、駐車場無料。

様々なイベントを不定期で行っている体験型宿泊施設。要予約。

古い小学校をリノベーションした建物で、外観はとてもかわいい。椅子や机もすごく小さくて、懐かしい気持ちになれること間違い無し。元小学校だけあって、バスケットゴール付きの体育館(ただし低い)とか卓球台があります。もう、かわいい。

テレビ番組「月曜から夜更かし」で一躍有名になった谷口屋の油揚げも近くにあり。

 

嶺北エリア(福井市越前市鯖江市)】

入園料、駐車場無料。

市営なので無料で入れる動物園です。ポニー、オウム、カメ、あと小さいアスレチック遊具…なんか…そんな感じ。私が行った時にはなぜか豚もいました。

全体的にほのぼのした空気が流れてる。足羽山を散歩しながら、茶屋でゆっくりしながら、ついでにちょっと立ち寄るか〜ぐらいの気持ちで行くと楽しめます。いいなと思ったら募金してあげてね。

ちょっと前まで福井弁をしゃべりまくるオウムがいたんですが、最近いなくなっちゃいました。残念。ぜひ地元の言葉で話しかけてみてください。覚えてくれる、はず。

 

f:id:habutaemochiko:20170603201944j:image f:id:habutaemochiko:20170603201954j:image

入園料、駐車場無料。

こちらも市営動物園ですが、足羽山とはまた違った雰囲気。ていうかこちらの方が綺麗。メガネ産業の力強さを思い知る。広い公園と遊具が無料で使えます。日本で一番レッサーパンダが見れる施設。レッサーパンダの赤ちゃんは犯罪級のかわいさ。休日は何かしらイベントやってるし、周辺にはオシャレなカフェも多いので、家族連れにぴったり。ただし不意に趣のある像が出現するので注意。(画面右)

 

001.jpg(池田町HPより)

入場料、駐車場無料。(プログラムにより追加料金必要)

メガシップラインという、日本最大級の紐から吊るされてシャーってやるやつ(正式名称知らん)が目玉。ただし3,700円。要予約。

わりと本格的なアスレチックパークなので、アウトドア趣味の親御さんはきっと楽しい。予約&お金払って行く価値あり。たまに筋肉トーナメントもやってる、全年齢向け筋肉トレーニング場。

なお、近くのおもちゃハウス こどもと木ではプチボルダリングや木の玉プールなど、木と触れ合える遊具がいっぱい。マッスルに興味のない子はこっちもオススメです。入館料は子ども200円、大人100円。冬は暖炉がついていて居心地いい。

 

  •  【嶺南エリア】

http://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/news_from_division/kikakuseisaku_bu/h-sousei_ka/kidspark_tsuruga.images/super_cocoon.jpg敦賀市HPより)

入場料大人200円、子ども100円、駐車場無料。

日本最大級のまゆ型ネット遊具が有名な屋内遊戯場。クライミングウォールやボールプールも揃えており、小学生は多分1日中遊び回れる。全体的になんかオシャレ。今年(2017年)3月オープンしたばかりの綺麗な施設。

 

大飯町の特産品であるきのこをモチーフにしたミニテーマパーク。芝生や水路で遊びまわったり、きのこの栽培体験なんかもできる。今年(2017年)4月リニューアルしたばかり。今年の嶺南はアツい。

 

これだけ格安で全身を使って遊べる場所が多いのがほんと福井のいいところですよね…。海と山と雪もあるしね。体力テスト全国トップの順位は多分この環境のおかげ。

お子さんを強くたくましく育てたい方、ぜひ福井のマッスルパークに来てね〜!(違う)