ダサカワ福井

ダサ可愛い福井県の魅力発見中。のはずが、最近ディスり中。主にライフハックと教育。

家族紹介

実録まんがの登場人物説明。

 

絵柄がポプピ…ポプテピピックなのは顔が似てると言われたから。

 

怒られたら消す。

 

f:id:habutaemochiko:20171120003723p:image

 

f:id:habutaemochiko:20171120003724j:image

 

f:id:habutaemochiko:20171120003727p:image

 

f:id:habutaemochiko:20171120003733p:image

 

増えたら追加する。 

実録まんが始めました。

家族とその周りの話。

 

第一弾は職場の困ったお客さんについて。

 

f:id:habutaemochiko:20171120002046p:image

 

いますよね〜こういう客。

 

 

 

いねーよ。

 

 

 

 

 

 

B to C 企業、つまり不特定多数の一般消費者を相手にする仕事はどんな奴が来るかわからない。

し、何かされてもそいつが誰か知る手段がない。

 

やっぱ相手の肩書きが安定してるB to B 企業がさいこうですわ〜〜〜〜

(ただし企業ブランド力は低い)

(肩書きがあってもたまにマジキチが混じってる)

(しかも無駄に立場がある相手な分強く言えない)

 

(要約: 人と関わらない仕事がしたい)

芸は身を助く、特に料理は

f:id:habutaemochiko:20171024230202j:image

 命も助ける。

 

何事も極めると仕事になる、と言いますが、もし生まれ変わったら私は料理人になりたい。

あ、今世はいいです壊滅的にセンスがない笑

 

料理ができる人、つまりどんな材料を使ってもパパッと短時間で美味しく綺麗に盛り付けられる人、というのは、一生食うのに困らないと思う。

 

まず結婚で圧倒的に有利ですね。胃袋を掴めば相手は必ず家に帰ってくるって言うし。

 

仕事もレストランのオーナーからフリーランスの気まぐれカフェからサラリーマンの週末料理店まで幅広くカバーできるわけですよ。仕事、というより働き方が選べる。

 

でね、日本だけに留まらず世界に出て行きやすいのも実は料理。とにかく海外に行きたいなら英語とかMBAとかそんなものの前に料理できればすぐ行ける。

 

特に寿司が良いらしいですね。世界中どこでも人手不足だしどこでも寿司不足なのですぐにお店が開けて繁盛するんだとか。

今なら2年くらいでSUSHI職人になれるらしいですし、もし無職になったら私はこの道を歩みます。手汗でニチャニチャしそう!

 

国際協力、例えば青年海外協力隊とか国連とか社会起業家に憧れる人もいると思うけど、その入り口に料理っていうのはすごく使いやすい。

 

なぜなら世界の貧困で一番解決しなければならない問題が食だから。

教育もインフラも仕事も何のためってそれは日々食べていくためですから。

だからここを取っ掛かりにするとその先へ入りやすい。あと単純に、衣食住どれを整えたら一番現地の人が笑顔になるかって食が美味しいのが一番幸せ、らしいんだよね。手軽さもダントツだし。

かのホリエモンも、社会貢献できて人の役に立つ仕事がしたいです、という若者に食べログで安くて美味いレシピ沢山作って提供するのが一番感謝されるし役に立つんじゃねって冗談か本気か分からないコメントしてましたが、本当そうだなって思います。

 

さらに、食、はどんな時代でもどんな場所で必ず必要とされるので、料理ができる人は有事の際に非常に重宝されます。

 

有事の際ってどんな時かっていうと、戦争ですね。

 

私の曽祖父(会ったことはない)は中々破天荒な人だったそうですが、そんな彼が戦争で生き残れた理由が料理。

給仕係だったため、砲弾から逃げやすい後方側だったとか。そこからの逃げ足が相当早かった(全然戦う気なかった)ことも生き延びた理由ですが、食糧が届かないときも野生のヘビを捕まえて2つにピーーッと裂いて(?)肉は食べて皮はベルトにして、まあそんな感じでたくましく生きたんですね。

 

で、もう1人、これは知り合いのマダムのお父様の話ですが、彼女の父はシベリアに拘留されたらしく、何人も飢え死にしたり寒さに耐え切れなかったり、過酷な環境で強制労働させられていたそうです。

そこでもまた料理が身を助けてくれて、ロシア人がどうしても豆が柔らかくならないと困っている。豆を柔らかくするには茹でるだけではダメで塩を入れなければ、ということを彼が教えた結果、その人は給仕係に抜擢され暖かい家の中で料理を作っていたとか。おかげで無事日本に帰ってこれた、と。

 

もうね、料理はただの趣味とかとりあえずやらなきゃいけないからとか、そんな理由でやるのはもったいないですよ。

 

ということで、もし料理の才にちょっとでも恵まれている人がいるのなら、その道に進む、そうでなくても調理師免許くらいは持っておくとその先の未来が広がって羨ましいなぁ、と野菜炒めがいつも炭だらけになる人間は思うのでした、まる

プロポーズ。はいかYESで、答えてね。

見るたび腹立つ。

 

f:id:habutaemochiko:20171021084249j:image 

 

何だろう、

あー結婚いいよねしたいよね、可愛らしいな〜って目線で、

 

どうしても見れない。

 

なんか強要されてる感じがするんですよね。

 

何これって、福井県が結婚キャンペーンの一環で作ったポスターなんですけど。

 

ツッコミどころが二つあるのね。

 

・県内の結構応援企業に配布

(結婚応援企業って何だよ)

・ポスターのQRコードをスキャンするとキャンペーン動画を見ることができる。

(いる?この機能)

・ポスター制作費248万円

(CM制作費別途、なお税金)

 

いや、結婚する男女を増やすっていう取り組み自体は否定しないけどさぁ…。

そっち!?みたいな。

 

この結婚キャンペーン、目的は以下のとおり。

「若い世代が結婚、子育てを前向きに考える気運を醸成するため、多くの県民の参加を得て、幸せな結婚・子育ての様子を伝えるテレビCM等を作成し、多様なメディアにより発信する「結婚・子育てポジティブキャンペーン」を実施します。」

 

ならもっと別の方向にその金使えよ…!

 

200万円あったら全国局に福井の移住キャンペーンCMを期間限定で流すとか、著名人にブログなり雑誌なりで紹介してもらうとか、色々やり様あっただろうに。

 

広告に関してはこの方のブログが的確にかつ優しめにアドバイスくれてます笑

このポスターを見て結婚したい❤️って誰が思うと思う?ってほんとそれ

https://www.sksp.co.jp/blog/m-somiya/post-39939.php

せめてポスターのQRコード先は、福井で結婚するとこういうメリットありますよって、有益なWEBページに飛ばして欲しかった。動画て誰得。

 

大体、結婚応援企業って何?

100社も登録してるらしいけど、福井ってそんなハッピーな会社あったっけ?と思って調べると、そんな素敵な会社の社員の皆様が。

 

 

…。

 

 

年寄りばっかやん…!!!

 

http://www.pref.fukui.jp/doc/joseikatuyaku/fukui-marriage-company.html

 

 

あ、失礼しました衝撃で本音が

いやでもこれが福井のほんと悪い所で、若者を応援します★って言っといているのは全員年寄りなんですよねいや人口構造状仕方ないけどさぁ〜!

 

普通こういうイベントだったら、幸せそうな若手社員のカップルとか載せるんじゃないの!?違うの!?!?

 

なんで仏頂面のおじさん達の写真なのほんと意味わかんない。

 

しかもこの中にほんとうに結婚応援してる企業あるんでしょうか

結婚応援っていうのは結婚それ自体だけじゃなくて、その先の女性の正社員として管理職としてのキャリア形成とか男性の育児休暇取得とか預け先支援とかも応援してるって意味だと思うんですけどどうなんでしょうかーーー

 

ついでなので語ります、福井はやたら幸福度一位と女性の就業率一位をアッピールしてますけど、実際女性の働く場所ないからね。あ、特に文系大卒女子ね。派遣と一般職みたいな仕事なら沢山あるんだけどね。総合職営業も一応募集されてるけど結局配属されるのは男性ばかり、っていうオチが多い。

 

データ見るともっと分かるけど、これだけ就業率が高くて正社員の女性が多いのに、女性管理職の割合が全国41位っておかしいからね。

http://jww.iss.u-tokyo.ac.jp/jss/pdf/jss6501_031050.pdf

 

これ、何が問題かって、男性じゃなくて女性が敵になる可能性が高いこと。

 

2010年の時点で30歳以上の既婚率80%、まあ28歳くらいで結婚するのが当たり前でしょ、って世界で。

 

高校卒業して普通に仕事して普通に結婚して普通に子供産んで普通に職場復帰した年配の女性がね。

 

仕事をバリバリしたい、結婚は遅くていい、子どもは産むけど預けたり育休制度を使って何とかやっていきたい、っていう女に牙をむくんですよ。

 

何でそんなに仕事したいの?子供の面倒見る方が大事でしょ?私たちの時は育休制度なんかなかったわよ?って。

 

うるせー時代が違うわ! って叫びたいけど笑

 

福井では時代が違わないんです。

 

東京や大阪ではもうとっくに変わってる、結婚や就業に対する意識が、

 

10年前(下手したら20年前)くらいで止まってる笑

 

このポスターだって、下手したら環境ハラスメントだよって友人が言ってたけど(本当そうだと思う)、結婚したくない層とかできない層、LGBT層に対する配慮が全くない。ていうか、そういう層があることを認識してない。してるわけない、そういう人達が周囲にいない時代の人達がつくるんだから。

 

だから結婚キャンペーンも迷走してるんですよね〜。YESかはいで答えてね、っていうネタも若干ふるい気がするし…笑

 

ちなみにこれに対する2ちゃんの秀逸なコメント。

 

 

「イエスか農家でいいじゃん、福井だし」

 

 

好き。

ファイナルファンタジーXは英語学習に最適

「僕は、まだ、泣けるだろうか」

 

こんばんは〜TOEICのテストが目前に迫ったもち子です。

 

英語勉強したい、でも単調な勉強はムリ、海外ドラマとか見ながらラクして単語覚えたい…でもイマイチのめり込めない…濃い顔より塩顔の方が好きだし…好みのイケメンが登場するかストーリが超絶面白いか、そんな英語教材ないかなと模索していたところ、ファイナルファンタジー10の英語音声・英語字幕verの動画を発見!これや!!!

 

 

お試しで10分ほど見るつもりが、気付いたら1時間経ってました。

 

 

やっぱ名作だわ…

(ハンカチを片手に)

 

名作独特の言い回しは英語学習にも最適なんや…

 

というのも、題材が全年齢向けゲームだけあって、単語レベルが程よい。難しすぎず優しすぎず。

英語も簡単で聞き取りやすいんですよ。
15年以上前(!)のゲームなので、死語(obsolete word)も結構混じってるけど、そんなの関係ねえ。日常会話が多くて話のテンポが良いのでサクサク聞けて覚えられます。

召喚獣(いきなり日常会話じゃなくてごめん)のことをaeonと言うんですが(英会話のあそこと同じ綴りですね)これ、「永遠」という意味なんだとか。そうなの!?



感動的なことにアルベド語(FFXオリジナルの言語)も英語です笑

あとリュックの英語が見事に早口なので、ヒアリングに最適。字幕出るし。

海外ドラマを見ててついやっちゃうのは分からない単語が出ても面倒なので調べない、なんですが、FFXでは分からない単語が出ると速攻ここ何て台詞だっけって自然と調べます。オタクすごい。

あ〜こんなこと喋ってたんだっけってノスタルジーな感情と共に覚えるから記憶定着率もバッチリ。※感情を伴う暗記は効率が良い。

 

20代半ばにとってFFXってドンピシャだと思うんですけど、いやほんと今見てもおもしろい。

 

話の流れに無駄がないし、伏線も最初から最後までがっつり、異世界へ行った時の訳わからなさや既存体制への挑戦、ちょこちょこ名言もあったりしてマジで神ゲー。すき。

 

 

英語も勉強できてストーリーも楽しめてついでに美談美女もいる、そんなFFX(の英語ver)。

お勧めです。

これも学習マンガだ!は学校教育に取り入れるべき

漫画で勉強できることって多いですよね、という話。

 

教科書だけじゃどうしても眠くなる。

あんな無機質な文に興味を持てる子は天才か変態のどっちか。

 

そうではない大部分の子、つまり勉強に興味のない子に自然と教養を身につけさせてくれるのが漫画。

 

小学生のとき、学校の図書室に大量の漫画(日本・世界の歴史シリーズと偉人シリーズ)を仕入れてくれた先生が「とにかく本を読め、漫画でも雑誌でもいいからとにかく読め」と言ってくれたおかげで、当時の年齢にしては歴史と偉人関係の知識はある程度付いていました。

 

歴史は訳分からない西暦と人名と制度の羅列から始まるからみんな毛嫌いするんであって、とりあえず一回マギ読ませたらいいよ。あの漫画はここ数千年の人類の歴史と民主主義・社会主義の違いがうまくまとまっていて感動します。問題は話が急展開すぎて難しい点だけど、そういうところを生徒が自発的に勉強してくれれば儲けもの。

 

道徳の教科書とかも、ナルトかワンピースでいいんじゃないかな。

この時サスケを説得するにはどうすればよかった?みたいなディスカッションしたり、この時のサンジの心情を述べよ、みたいな。現代国語にも応用できますね!

あー楽しそう・・・(授業にならない)

 

漫画を読むことのメリットは、自分がその世界にいたらどうするか、その状況にいたらどうするか、という想像を育むことができることなんですよね。特に子どもは妄想力豊かなので、ぐいぐい漫画の世界に入っていけるし、それだけ知識も吸収してくれる。

 

刺激的な絵面ばかりで何の中身もない漫画も多いけど、「これも学習マンガだ!」にある本はそれは絶対にないので安心。大人も楽しめる内容だしね。

 

gakushumanga.jp

 

こういう漫画ばっかり置いたゲストハウス開きたいなぁ。コワーキングスペースでもいい。

日本が誇る漫画文化を通して、視野を広く持ってくれる子が増えたらいいですよね。

あー漫画読みたい。

ネット社会のカッコいい女たち【随時更新】

f:id:habutaemochiko:20171013173446j:image

賢くて綺麗で芯の強い女性って憧れますよね。

 

今回はネットで会えるそんな女性たちを紹介します。

素直にロールモデルにするもよし、私はもっと違う方向を目指すんだと反骨精神を掲げるもよし。

 

こういう人たちが同年代にいるんだと、知ってほしいですね。

 

1. はあちゅうさん

言わずと知れたネット会のカリスマガール。ズバズバしたコメントが気持ちいい。

元々は電通社員、今はブロガー?作家?コメンテーター?よく分からないけど多岐に渡ってご活躍。

大学生の時に「わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか」を読んで、うわぁ同じ年代でこんなすごい子がいるんだと驚いた。

と同時に、どうせ慶応だからでしょと卑屈にもなった。思い出の一冊です、世界一周の仕方というより自己ブランディングの方法を学べる一冊。笑

 

https://www.amazon.co.jp/わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか-伊藤春香-はあちゅう/dp/4591111121

 

ブログもあるけどツイッターの方がコメント生々しくて好き。

 

 

2. 正能茉優さん

ソニーで正社員として商品開発をしつつ、自社の経営もこなしつつ、最近は経産省ご意見番も務める「パラレルキャリア女子」。バイタリティがすごい。やっぱり慶應

「仕事もプライベートも全部100%頑張る!」じゃなくて、“仕事”“家族”“友達”“恋人”それぞれ60~70点ぐらいで、バランスよく頑張って人生全体で120点にしたい、という人。

たまたま講演でこの話を聞いて、経歴や今のお仕事を知って、もうそれからファンです。

あと下ネタが豪快なとこも好き。

 

この記事がオススメ。

https://toranet.jp/contents/jobchange/interview/19681/

 

3. トイアンナさん

お色気知的系女子。個人的に壇蜜さん系統だと思ってる。セクシーかつ頭良い、最高かよ。

 

この人の

http://toianna.hatenablog.com/entry/2016/08/11/132518

という記事がとても印象的で、そこからブログを貪り読んだ。

女性で底辺から這い上がって結婚じゃなく自分のキャリアを掴んだ人は少ないから。カッコいい。

 

あと、恋愛系の記事が豊富で、特にダメな恋愛をしてる人を諭す記事が多い気がする。女性専用高級クラブのママみたい。オススメはこちら。

 

パパ活を続けていた女子の人生が5年間でぶっ壊れるまで

http://toianna.hatenablog.com/entry/2016/07/06/173000

 

 

【以降素敵な人がいたら随時追加】

 

 

5. 番外編

2ちゃんまとめ「【天国から】外資系企業に勤めてたけど今日クビになった【地獄へ】」のスレ主。

東大卒後、年収数千万円プレーヤーとして外資系金融に勤めた(けど辞めちゃった)話。頭も良くてキャリアも輝かしいのに、文章がとても謙虚で丁寧。良い人なんだろうなぁ。

 

女は頭悪いから嫌い、と常々失礼なコメントをくれた男友達が初めて女の人にも頭良い人いるんだな、ってベタ褒めしてた記事。

最後は泣ける、というか、働き方について考えさせられる。本当に。

女性だけじゃなくて男性にも見て欲しい。し、これから仕事を探す就活生や仕事を頑張りすぎてる企業戦士の皆さんに読んで欲しい。

 

http://blog.livedoor.jp/anotokino2ch/archives/29710707.html

 

 

【以降素敵な人がいたら随時追加】