もち子のブログ

お金と旅行がすき。福井でのんびり→バンコクで社畜→北海道で専業主婦。思いつきの記事ばっか。

婚姻後の手続きが速攻離婚を考えるレベルで面倒

結婚したことを後悔する第一関門だと思う。

 

結婚、を渋っていた理由の50%以上はこの手続きの面倒さだったんですが、世の皆様方はどうお考えでしょうか。

 

いやー、姓を変えない方は別に面倒じゃないですよ。結婚に伴う手続きなんて婚姻届と会社に提出する書類ぐらいだもん。

 

問題は姓を変える側です。見て、この手続きのリスト。

 

結婚(姓変更)に伴う変更手続き一覧

1.運転免許証氏名・住所変更
2.健康保険証氏名変更
3.マイナンバーカード氏名・住所変更
4.銀行口座氏名・届出印変更
5.各種クレジットカード氏名・住所変更
6.各種保険氏名・住所変更・受取人変更
7.印鑑登録

ハナユメ結婚式準備ガイドより

 

ぱっと見全部簡単そうに見えるじゃん?

一つ一つはたいしたことないんだけど、問題はこの中に土日は受け付けないものや遠方へ引越ししたら郵送じゃないと手に入らないものや順番ミスったら非常に面倒くさくなるものや必要書類が本籍地または住所変更した後だと手に入りにくいものやあまつさえお互いの本籍地(多くは実家)が遠かったりそもそも嫁ぎ先の役所や郵便局や銀行が遠かったり海外から帰ってきて帰国手続きしつつだったり結婚と同時に引っ越しのため転出転入届けしなきゃいけなかったりさらにその転勤の日程が未定だったりするとめちゃくちゃ面倒くさいんですよ。

 

はい、私です。

 

海外転入して結婚して引っ越しするの面倒すぎワロタ。これに加えて証券口座の名前も住所も変えなくちゃいけないし、その書類のためにまた役所へ行かなきゃいけないし、本籍地と住民票がある住所と引越し先の住所それぞれの市役所とやりとりしなきゃいけないしいちいち郵送だの電話だの手段がアナログすぎるし何これ。定額小為替とか初めて使ったわ。手数料高いし。

 

このネットの時代になんでこんな面倒くさいことさせるんでしょうか。マイナンバー作ったんだから早くマイナンバーで管理してよ。(しかしそのマイナンバーも海外に出たので失効済み)(海外出たら失効する国民ナンバーって何の意味があるの…)
それか市や県同士でもっと連携してくれないかな…何で本籍地がある市→私→住民票がある市→私→転勤先の市って一回一回個人を挟むの…公的機関同士、直接郵送してくれよ…。こちとら返送と郵送で2倍料金も手間も掛かるんだわ。田舎だから郵便局も遠いんだわ(致命的)。民間の会社だったら他の会社と協力するの当たり前でしょ…なんで公の機関はそれをできないの…個人情報保護はわかるけれど、民間の会社だってもっと高レベルの情報保護してるだろうが…そのシステム応用してもらえよ…(八つ当たり)

 

市役所の人は皆とても親切に対応してくれたけど、とにかく手続き自体が面倒なのでイライラする。 市役所によくクレームが入るのは、クレーマーの性質というより役所のシステムの煩雑さや効率の悪さが原因なんじゃないの。人件費無駄遣いする前にそこのところ効率化してほんと(書類は西暦じゃないくて平成に直してくださいとか本当どうでもいいこと言ってきたり、この書類だけで十分でしょ、というところで追加書類用意してください、とかね、全然融通効かないんだけど)

 

何これ?(2回目)


夫婦同姓を考えた人を呪いたいぐらいめちゃくちゃ面倒なんですけど。ちょっと前に「保育園落ちた日本死ね」というパワーワードが流行ったけれど、令和になったし「夫婦別姓認めない日本死ね」ってワードが流行ってもいいと思うの(語呂悪い)

 

これ、働いていたら絶対結婚しなかったわってレベルで面倒くさい。少子化っていうか未婚率の高さは絶対これが原因の一つ。働いてなくても、結婚で都会から田舎へ移った人とか大変だと思う。市役所も郵便局もネットで手続きできないから車ないと無理じゃん。地獄。

 

最近だとサイボウズの青野社長が頑張ってくれたのに、夫婦別姓は実現しませんでしたね。マジ日本バカ。所得もあって基礎教養もあって精神的に自立している傾向が高い、働いている20〜30代女性にこそ結婚して欲しいんじゃないんかい。

 

r25.jp

 

政府がこれだけ渋る理由は、夫婦別姓を採用して起こり得るリスクを想定しきれないからなんだろうなあ。
でも、リスクがわからないならわからないで、それこそサイボウズなりリクルートなり社内規則で夫婦別姓を取り扱っているコンサル会社に入って現場と調整してもらえばいいのに。個人情報云々という問題があるんだろうけど、クレジットカード会社や銀行なんて住所や生年月日以上に大事な個人情報扱っているんだからそこのノウハウもらえよ。そこからの天下り何人かいるだろ…役に立たせろよ…っていうね。

夫婦同姓の制度を知れば知るほど、同じ市内で生まれ育った働いていない女と一生添い遂げる、という前提のもと作られたんだろうなーという匂いがプンプンします。何十年前の話。今や海外に出るし女も働くし同性も結婚するし離婚率は全国平均35%(※平成27年度データより)の時代ですよ、むしろこれだけ離婚率高いなら姓を変えない方が役所も本人もラクでしょ?って思うんですけど。どー。

 

 

あーあ、夫婦別姓だったら全部回避できた問題なのになあ。
タイだったら自分の名前なんてすぐ変えられるのにな(風水的に悪いという理由で変えられる)(しかも頻繁に変える)(から誰も本名知らないとかよくある)。まあそれはそれで問題なんでしょうけど…。

 

jisin.jp

 

そんなこんなで夫婦別姓を支持している立憲民主党を応援したかったけどなんか住民票の手続きしてる間に選挙終わった。かなしい。