頑張らなイズム(旧ダサカワ福井)

福井の元社内ニート。今はバンコクで社畜。

タイに来たらアトピーが治った

f:id:habutaemochiko:20180617174306j:image

タイに来て良かったシリーズ。

※画像は『ぱくたそ』より。

 

アトピー性皮膚炎、が私は子どもの頃から酷くてですね。

首とか脇とか膝裏とか背中とか、汗をかく部分ご色素沈着とかぶれで常にゴワゴワだったんですけど。

 

タイに来てから…なんか…。

 

ん?治った?

 

1ヶ月に数回、一番弱いステロイドをちょーっとだけ塗るくらい。

 

学生時代や日本で仕事してたときは本当に痒くて、起きたら爪の間が血だらけとか日常茶飯事だったんですけど。寝てる時だけ人を殺す設定なのかな?だったんですけど。そう思わないとやってられなかったんですけど。も、

 

あんなに酷かったのに何でだろう、と分析した結果、思い当たる節がいっぱいあったのでピックアップしてみまっすね、アトピーのみんな参考にして。

 

  • 湿度が高い

まずこれ。常夏なのでいつもジメジメしてる。室内はクーラーでガンガンに乾燥してるはずなんだけど、所詮タイクオリティなので(←)エアコンの効きが悪いのか、あまり乾燥を感じない。わりと潤ってる。

アトピーの大敵:「乾燥」クリア。

 

  • シャワーをたくさん浴びる

常に暑いので、出勤時ちょっと歩けばすぐに汗かく。買い物しても汗かく。寝てても汗かく。アトピー軽減の基本は毎日シャワーを浴びること、と言うけどそんなん日本の寒冷地にいたら寒くて入ってられない。けどタイでは朝晩必ずシャワーを浴びざるを得ない、あんなに風呂嫌いだったのに1日2回の水浴びが完全に習慣化した。環境ってすごい。

アトピーの大敵:「不衛生」クリア。

 

  • 制服がない

これ、一番大きいと思う。学生の靴下しかり、社会人のストッキングしかり。制服は無駄に分厚くて暑いしほぼ100%やっすい化学生地(の割に高額)なのでアトピー患者を苦しめるんだけど、タイではTシャツと綿のズボンで出社できるので肌へのストレスゼロである。ちなみに高層階に住めるので家では全裸。最高。

アトピーの大敵:「繊維ストレス」クリア。

 

  • 運動する

タイはほとんどのコンドミニアムにスポーツジムが併設されてるんですね。もちろん無料。使わなきゃ損。通った結果体が健康に。職場の同僚の9割が趣味は筋トレという状況、ランチのネタはプロテイン、これは運動嫌いの私も行かざるを得ない。(ていうか筋トレ以外することがない)

アトピーの大敵:「運動不足」クリア。

 

  • フルーツを食べる

タイはフルーツが安い。マンゴー1キロ120円とか。無駄に食べる。ビタミン豊富。

アトピーの大敵:「不摂生」クリア。

 

  • お酒を飲まない

お酒飲んだ日って必ず痒くなりますよね。起きてる時は我慢できても寝てる時に絶対掻いちゃう。

今の職場がお酒を飲まない、飲ませないっていう風潮なのと暑い国は度数の高いお酒がない(体を温める必要がないので)のとビールがぬるいのでめちゃ氷入れるのが相まってそんな酔っ払わない。体温が高くならないので掻かない。飲み会の日は楽しくなってついつい飲みすぎちゃうんですけど、タイはまあ飲みすぎてもたかが知れてるというか。

アトピーの大敵:「アルコール」クリア

 

  • ストレスフリー

 何よりもこれ。仕事のストレスも人間関係のストレスもほぼ感じない。日本本社とやり取りする時ぐらいだろうか。それもそんな頻度多いわけじゃないしね。これぞマイペンライ

アトピーの大敵:「ストレス」クリア。

 

 

アトピーの解決策って、美味しいご飯食べて適度に運動してストレスをなるべく感じないように、って言うじゃないですか。でも日本でこれ実践するのって難しくないですか?私は無理だった。

だけどタイは自然とこういう障壁がクリアになるんですね。素晴らしいですね。(※人によっては悪化します。合わない人はマジで合わない国、タイ)

 

とりあえずアトピーに悩んでる人は一回海外行ったらいいと思うよ。アトピーの人ほとんど見かけないよ。(これほんと不思議)

 

ちなみに先輩はタイに来て喘息が治ったらしい。それは嘘だ。空気はきたないです。(アトピーの大敵:「汚い空気」クリア不可)